スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【動画】世界よ、これがアメリカだ!絶滅危惧種『クロサイ』の狩猟権利が競売に出され35万ドルで落札!

【動画】世界よ、これがアメリカだ!絶滅危惧種『クロサイ』の狩猟権利が競売に出され35万ドルで落札!
アメリカにて、1月11日に絶滅危惧種であるクロサイの狩猟権利証をかけたオークションが開催され35万ドルで落札されたとして話題になっていました。
このオークションはアメリカテキサス州のダラス・サファリ・クラブがナミビア政府が発行したクロサイ1頭の狩猟許可証を賭け、ダラス・コンベンション・センターで開催されました。
オークションの収益は全額、クロサイ保護活動の資金としてナミビア政府に寄付するとのことで、ダラス・サファリ・クラブのベン・カーター事務局長は「クロサイを守るための最良の方法」と語ったそうです。

絶滅が危惧されているクロサイの角は中国やベトナムなどアジアの特定の国にてガンが治るなどといった薬効があると信じられていたり、富や強さの証明として装飾品にされたりしており、現在では1キロ当たりは約2万ドルという非常に高値で取引されることから、現地住民のみならずアジアや欧米などからやってきたハンターたちに乱獲されその数を減らしていき、1980年代には世界の生息数が数十頭にまで減少しましたが、現在は約5000頭まで回復。そのうち約1700頭がナミビアに生息していますが、保護活動を行うナミビア政府の負担は年々増しているのが現実です。

そのため、ナミビア政府は近年、繁殖年齢を超えたオスの狩猟を認め許可証を年間につき5枚発行し、その売却益をクロサイの保護活動にあてており、貧しいナミビアにとってはこのオークションがクロサイの保護活動資金を確保するための貴重な機会となっています。

しかし、欧米の動物保護団体や動物保護活動家らはこのオークションには猛烈に反発。ベン・カーター事務局長に「殺されるサイ1頭につき、クラブ会員1人を殺す」といった脅迫状が届いたり、「娯楽目的で命一つを消しても良いのだと言っているようなもので許しがたい。」といったような激しい非難の声を寄せたりしており、ナミビア政府に対しても、クロサイを自分の手で仕留め死骸を自宅に飾りたいと考える金持ちの財力によって活動が支えられているなら本末転倒だという声や、クロサイは保護するよりも殺して売れば大儲けできると知った人々による密漁が増えるだろうとの指摘の他に、中には黒人差別とも取れる批判までもが数多く寄せられたそうです。


JK、放課後の教室。



脅迫を受けたアメリカ人


おまけ

閲覧注意。麻酔銃でハンティングされ、角を根こそぎ切り取られて瀕死のサイ。






コメントを書く(4)


【閲覧注意】これが金持ち白人の特権だ!白人たちが『アフリカゾウ狩り』で楽しむ様子。ゾウさんが可哀想・・・。
【速報】韓国人ショック!!『キムヨナ』に薬物疑惑!!短期間で筋肉が激変!その証拠画がすごい!これでフィギュア界追放か!
韓国がいよいよ狂ってしまった!なぜか日本をテロ国家に認定!反日思想もここまで来るとキチガイレベル。日本の自衛隊に銃弾を借りたのはどこの国の軍隊だよ・・・。
【動画】潮が引いた海岸ではしゃぐ女の子。迫りくる高波に大喜びするも、波に飲み込まれてしまう悲惨なビデオ。
【動画】このアメリカ人が鬼畜すぎ!HIV感染を隠し4ヵ月で31人の女の子とセックス。しかも隠し撮りまでしていた件
世界よ、これが日本警察だ!その仕事っぷりが美しく完璧すぎてヤバい!これで日本の平和は保たれたけど、その様子が日テレで放映され大事故だと話題に。
【動画】女性ドライバーの事故映像。カメラは車内の女性の姿を記録し続けていた・・・。
【動画】中国がいよいよ戦争の準備に入る!10万人以上の兵士を投入して大規模演習を実施。周辺国の脅威に立ち向かい勝利!って、一番の脅威は中国だろ・・・
【動画】韓国の反日男女が変態すぎる!安倍首相の顔写真を装着してSMプレイ!反日を口実に歪んだ性欲を満たしてるだけだろ・・・。
【動画】スーダン政府軍に同行する記者が捉えた現地映像。自衛隊はこんなところに派遣されているのか・・・。
【動画】韓国が崩壊の危機!?パク大統領が国民から嫌われまくりで連日のように抗議のデモ行進。パク大統領が辞めるまで働きません!という決起集会も。
【動画】フィリピン最大の宗教行事『ブラック・ナザレ』がすごい。人の波に飲まれたら翌日まで帰れない!トイレも行けず足元は排泄物だらけ・・・。

2014/01/20衝撃 |

44009::2014/01/21(火) 00:45:12
身もふたもない方法だと思うけど
35万ドルもお金を集める他の方法がない以上、仕方ないといえば仕方がないのかも
何もしなければ、密猟者に絶滅されてしまうわけで
44017::2014/01/21(火) 13:40:11
普通に寄付は・・・きれいごとなんだろうね・・・
自然保護団体もある程度威嚇したら競売に参加して許可を使わなければいいのに
シーシェパの活動費よりかは安いだろう。まああいつらが実際には何をやりたがってるかは考えてない意見なんだがね。
44018::2014/01/21(火) 13:58:16
最近はベトナムの富裕層がアフリカを荒らしてるよな
44030::2014/01/22(水) 17:13:25
20年余りで数百倍に増えたのか、現地住民にも被害が出かねないレベルじゃね
再生産を超えない範囲なら殺処分も問題ないだろ
たしか以前、ゾウが増えすぎたんで殺処分して象牙売却したときもその手の団体が騒いでたよな
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ピックアップ
広告
新着記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。