スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【閲覧注意】これが金持ち白人の特権だ!白人たちが『アフリカゾウ狩り』で楽しむ様子。ゾウさんが可哀想・・・。

【閲覧注意】白人たちがアフリカゾウ狩りをして楽しむ様子。これが白人特権か!?
ジンバブエやボツワナにて、白人たちが個体数の減少が懸念されているアフリカゾウをハンティングして楽しんでいる様子を捉えた映像が気になったのでご紹介。
動画では白人たちが楽しそうにゾウを撃ち殺し、尾を切り取ってポーズを取ってる姿などを見ることができます。

アフリカを象徴する動物であるアフリカゾウは、近年の気象変動や民族紛争、象牙目的の乱獲などが原因で年々その頭数が減少しておりワシントン条約にも記載されている動物。寿命は60から80年。非常に高い知能を持ち、世界各地の動物保護展示施設では訪れた人々の心を和ませる動物として愛され高い人気がありますが、日本を含めたいくつかの国は象牙を輸入しているとして欧米各国から激しい批判の的にされています。
そんな感じですから「ゾウは殺してはいけない動物」と思われがちですが、実は近年でも、娯楽目的のスポーツハンティングでゾウを追いかけまわし撃ち殺そうとしている欧米人が数多く存在しており、現地政府も富裕層に限りその権利を販売してきました。ゾウを保護し密猟者を取り締まる一方、白人富裕層のスポーツハンティングを認めていたのです。
しかし、2012年初め、スペイン国王フアン・カルロス1世がお忍び旅行でボツワナを訪れ、ゾウのハンティング中に骨折するという不祥事が発覚。経済危機で国内が大騒ぎとなっている最中に国王が税金で絶滅が心配されているゾウ狩りを楽しもうとしていたことが世界中に知れ渡り、スペイン王室とボツワナ政府は世界中から非難される事態となり、またこれを機に「富裕層を対象としたゾウのスポーツハンティング」の存在が世界中に知れ渡ることとなりました。

そして2014年1月1日、ボツワナ政府はついに「狩猟規制区や公共地区での野生生物の商業ハンティングを無期限停止する」と発表しました。ボツワナは将来を見据えた上で狩猟による富裕層の呼び込みよりも、野生動物という観光資源の保護の道を選んだのです。
しかしこれで危機が去ったわけではありません。
現在もアフリカのどこかで、白人富裕層が財力にモノを言わせて希少動物を娯楽目的で殺しています。
彼らのように、食べるためでも生きるためでもなく、娯楽目的で希少動物の命をいたずらに奪う白人たちが存在する限り、絶滅動物たちが今後も増え続けていくことは間違いないでしょう。


JK、放課後の教室。

コメントを書く(2)


【閲覧注意】韓国の女子アナが整形し過ぎて顔面崩壊!美しさに執着して人間の顔を捨てた女性。その笑顔に狂気を感じる・・・。
【閲覧注意】香港で働くインドネシア人の家政婦が変わり果てた姿に・・・
韓国人の異常性が良くわかる画像。韓国人男性と国際結婚した女性たちの現在の姿が悲惨・・・。
【閲覧注意】首の後ろにできた大きなニキビの中身を絞り出す映像
【動画】ネコに綺麗な花束を見せたらブチギレた!恐怖と怒りが限界突破で大変なことに・・・
【動画】韓国は実はポルノ大国だった!YouTubeに韓国のエロ映画が大量にアップされている件
【速報】韓国人ショック!!『キムヨナ』に薬物疑惑!!短期間で筋肉が激変!その証拠画がすごい!これでフィギュア界追放か!
韓国がいよいよ狂ってしまった!なぜか日本をテロ国家に認定!反日思想もここまで来るとキチガイレベル。日本の自衛隊に銃弾を借りたのはどこの国の軍隊だよ・・・。
【動画】潮が引いた海岸ではしゃぐ女の子。迫りくる高波に大喜びするも、波に飲み込まれてしまう悲惨なビデオ。
【動画】このアメリカ人が鬼畜すぎ!HIV感染を隠し4ヵ月で31人の女の子とセックス。しかも隠し撮りまでしていた件
世界よ、これが日本警察だ!その仕事っぷりが美しく完璧すぎてヤバい!これで日本の平和は保たれたけど、その様子が日テレで放映され大事故だと話題に。
【動画】世界よ、これがアメリカだ!絶滅危惧種『クロサイ』の狩猟権利が競売に出され35万ドルで落札!

2014/01/24衝撃 |

44094::2014/01/24(金) 21:50:44
自分が同じ事されたらどういう気持ちになるのか
考えろ
44098::2014/01/24(金) 23:57:35
クジラ以外は殺して良し、日本人もね
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ピックアップ
広告
新着記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。