豊田真由子議員 国会と普段の違いを音声データと動画で比較

toyoda.png

豊田真由子議員が「このハゲー!」と絶叫している音声データが公開されてから暫く経ちましたが、ここに来て新たな暴言音声データが一般公開され騒動となっております。

ネットや報道などでは、彼女が持つ表の裏の顔のギャップに対する不快感を語られる方も多く見受けられますが、人間誰しもが本音と建前を上手に使い分けて日常生活を送っているわけでありますから、そういった個人が持つ二面性を声高々に非難するというのは、ある意味で自分自身を否定することになるのかなという気もしないわけではありません。

ただ、二面性があるといっても限度がありまして「外では愛想の良い優しい人だけど、自宅では妻と子供が怪我をするほど暴力を振う」ような人は非難されて当然であろうし、然るべき法の裁きを受けるべきだとも思います。

ということで、個人的には豊田議員が不法行為に及んでいたのかどうなのか、そのへんをはっきりさせていただきたいなと思っています。


JK、放課後の教室。

2017/09/14衝撃 |

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ピックアップ
広告
新着記事