スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




これはひどい!!!市民団体が沖縄海上の立ち入り禁止区域で怒りの抗議活動!!東京の男性が海上保安官と揉み合いになり骨折!!!

okinawanoumide00019.jpg
沖縄、名護市の大浦湾にて、2015年1月20日、辺野古新基地建設に反対する市民団体のメンバーらが立ち入り禁止区域にて抗議活動を行い、海上保安官らが安全のため保護しようとしたところ、逆に掴み掛るなどして揉み合いになる場面を捉えた映像です。
海上保安官は市民団体メンバーらに対して、危険なので立ち入らないよう指導し安全の観点から保護をしようとしましたが、市民団体メンバーはそれに反発。海上保安官を突き飛ばしたりダイバースーツを掴んで引っ張り倒そうとするなどしており、動画ではその様子を見ることができます。

普天間飛行場の移設については、その実施について日本各地の市民団体が反対の姿勢をとっておりまして、団体メンバーらが各地から沖縄に集結して海上抗議のためのカヌー講習会を経て海に出たりしているようですが、あまりに危険な場面も多いとして海上保安庁が事故防止のため監視、保護活動を続けている状況となっています。

1月16日には海上の立ち入り禁止区域内にカヌーで侵入した東京都在住の労働組合職員の男性が、保護しようとした海上保安官に抵抗して揉み合いとなり、後日、骨折していたことがわかったとして28日、海上保安官を特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで那覇地検に告訴するという事態になってしまいました。

米軍普天間飛行場の移設は沖縄県の経済や環境面にさまざまな影響をもたらすと現地住民たちの間では懸念されており、さらには韓国や中国とのパワーバランスにも影響するとあって日本各地の市民団体メンバーが決死の覚悟でもって反対活動に乗り出していることから、今後ますます混乱することが予想されています。

彼らは日本各地で様々な抗議活動、反政府運動を行っておりまして、ISISに日本人が人質として捕らわれた際には、沖縄で活動されていらっしゃる抗議団体メンバーの一部が首相官邸前で、I am Kenjiと書かれたプラカードを持って普天間飛行場移設問題や原発再稼働反対を訴え、平和を叫びつつ安倍首相を銃のスコープで狙っている写真を掲げている人々が続出するというあべこべな事態も起きておりまして、世間から冷たい視線を浴びせられてしまうという状況となっておりますので、活動されていらっしゃる方々におかれましても、ぜひ一度、活動内容の整理をされた方が良いのではないかと個人的には思ったりしています。



2015/02/03ニュース |

【閲覧注意】ISISが後藤健二さんの映像を公開し、凄惨な現場画像がネットに広まった結果…日本の有志がついに立ち上がった!!!⇒人殺しの安倍を許さない!!安倍政権はテロ集団!!

abehasekininnwototteyam00007.jpg

abehasekininnwototteyam00014.jpg

先日、後藤健二さんがISISに殺害され、その模様を捉えた凄惨な写真がアップされました。
ISISの凶行と後藤さんの訃報を知り、多くの日本人がISISに対する怒りや憤りを感じる中、とある有志たちが立ち上がったとのことで、その模様を捉えた映像がアップされていたのでご紹介。
彼らは首相官邸前で安倍政権をテロ集団と名指ししたうえで、安倍首相は人殺し、後藤健二さんを返せ、などと筋違いな抗議をされていらっしゃいました。
要するに、ISISに捕らわれた人質が殺された責任を取って安倍首相は辞めろという抗議でして、つまりは人質の死を利用した政権批判なのかなと、個人的には思ったりしたのですがどうなんでしょうね。

この模様はCNNのトップに掲載されましたが現場の実態とはまるで違う内容で報じられることとなりました。
日本の抗議団体が行う特殊な抗議手法は外国人記者にとっても理解不能だったということでしょうか。
首相官邸で後藤さんを返せと叫ぶ行為については、多くの日本人にとっても理解し難いものではありますが。
ということで、見ていてなんだか無性に腹立たしくなり、人命を利用してふざけたことをするな!とお怒りになられる方も多いかと思いまして、記事タイトルには閲覧注意と付けさせていただきました。

また、後藤健二さんが殺害されてからというもの、インターネット上では国内外のさまざまな情報が交錯する異常事態となっておりまして、【速報】 後藤健二さん殺害で安倍総理が自衛隊に 出 動 命 令!! アメリカ空軍と共同でイスラム国空爆宣言か!!!!!といった記事や、【速報】 後藤健二さん殺害画像は 合 成 写 真 の可能性!! 画像からとんでもない事実が判明!!!!!【朗報】 朝日新聞記者 斬 首 【緊急速報】イスラム国が【 東京 】でのテロを予告!!! 自衛隊と在日が一触即発の ヤ バ す ぎ る 事態に !!!?といった記事が続々と公開されていました。




2015/02/02ニュース |

【閲覧注意】後藤健二さんの動画がネット公開される

gotoukennjisyokei00016.jpg
ISISに捕らわれていた後藤健二さんが、日本時間2月1日午前5時ごろに殺害され、その動画がインターネット上に公開されました。
後藤健二さん解放に向けて日本政府とヨルダン政府は尽力してきましたが、非道なテロリスト集団はそれをあざ笑うかのように後藤さんを殺害し、さらに斬首された遺体の様子までもを撮影してネット上にアップしてしまいました。
非道極まるテロリスト集団の集団の凶刃にかかった後藤さんの無念は図り知れません。
この衝撃ニュースが報じられるや、日本のインターネット上も騒然となり、【速報】後藤健二さんを殺害したとする動画がインターネット上に投稿される後藤健二さん殺害動画・画像をイスラム国が投稿…首を切られ処刑される…【斬首YouTube映像あり・閲覧注意】【悲報】ISIS(イスラム国)、後藤氏に執行!さらに日本に宣戦布告⇒安倍首相、緊急会見といった速報記事が続々とアップされ、インターネットユーザーたちはコメント欄にてISISに対する批判を書き込んでいらっしゃいました。



2015/02/01ニュース |

【動画】サウジ国営テレビでアメリカのオバマ大統領夫人が放映禁止処置を受ける!!!これがイスラムか…

obamahujinnnibokasi00013.jpg
アブドラ前国王の葬儀と新国王の就任式典のためサウジアラビアを訪問したアメリカのオバマ大統領とミシェル夫人の映像が話題となっていました。
この映像はサウジアラビアの国営テレビが全国ネットで放送したものなのだそうで、イスラム教に従い、ミシェルさんにはボカシ処理を行ったそうです。




2015/01/31ニュース |

アマゾンジャパン、児童ポルノ出品を黙認の疑いで家宅捜索される・・・。

amazonnjidouporuno00016.jpg
愛知県警は1月23日、児童ポルノ商品の販売をほう助したとして、大手インターネット­通販サイト「Amazon」を運営するアマゾンジャパン本社と、その関連子会社を家宅­捜索。
同県警は2014年、Amazonの通販ページで、複数の児童ポルノ商品が出品されて­いるのを発見。規約上でこうした商品の出品は禁じられていたが、実際は形ばかりのものだったとして捜索に踏み切りました。



2015/01/26ニュース |

フジテレビ、ISISに殺害された湯川さんの父親に突撃インタビュー!!これがマスコミか・・・

hujiterebiyukawasannoya00015.jpg
フジテレビがISISに殺害された湯川さんの父親が住む家を訪問し、その胸中を探るべく突撃インタビューを行いました。
起きた出来事をありのまま伝えるのがマスコミの役割だというのは承知しておりますが、それにしても、これは見ていて居た堪れない気分になります。



2015/01/25ニュース |

中国が反日から“反イスラム国”に転向「今回だけはアメリカと手を組んで」

tyuugokugahannisuramuni00038.jpg

新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への弾圧が問題となっている中国にて、対イスラム国のためアメリカと手を組むべきという世論が高まっているとのこと。
中国で相次ぐウイグルイスラム過激派によるテロ事件が影響しており、さらに、イスラム国は数年以内に同自治区を“解放”することを計画。それが実施されれば血で血を洗う戦いとなることは必至。
中国政府としてはそうなる前に、国内世論を足掛かりにしてウイグルイスラム教徒一掃に取り掛かりたいといったところでしょうか。

全文
中国が反日から“反イスラム国”に転向「今回だけはアメリカと手を組んで」 | 日刊SPA!



2015/01/24ニュース |

【ISIS人質事件】首相と外務省とネット住民が人質を追い詰めた

hitojitiwooitumetanoha00037.jpg

ISISが引き起こした日本人人質事件について、日刊ゲンダイが事件の経緯を説明すると共に、その引き金となった日本政府の対応について、良くなかったと受け取れる記事を掲載。
さらに、Twitter上にてネット住民が度を越した悪ふざけを繰り返していることにも言及していました。

【全文】
警告期限…人質2人を追い詰めた安倍政権と外務省公式英訳(日刊ゲンダイ)



2015/01/24ニュース |

ピックアップ
広告
新着記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。